地球ハーモニー2001南アフリカツアー<3月1日〜3月6日>

'96年から毎年ピアノを寄贈している南アフリカ共和国へ、大分県九重町の樽太鼓のメンバー6人、愉快な仲間達、取材班3名、合計13名で行きました。


 
 
南アフリカ日記

03/01 10:30 日本出発 クアラルンプール経由。






03/02 5:30 ヨハネスブルグ到着(日本時間はプラス7時間12:30)
プレトリア(南アフリカ首都)へ移動
 
  10:00〜 ペップス学園が主催する学校対抗スポーツイベントでの演奏(太鼓のみ)
昼食は日本食。みんなビックリ!天麩羅、寿司、お刺身、親子丼、わっはっは。
午後 リハーサル プレトリア大学ホール
 
  18:00〜 プレトリア大学ホールコンサート。







03/03 8:00〜 プレトリア
サミーマークススクエアへ、ショッピングセンターの中にある広場)準備をするが、すごくいい天気で暑〜い!
 
  10:00〜

野外コンサート(サミーマークススクエア)

 
 

大分県九重町樽太鼓のみなさん

 

南アフリカの子ども達と愉快な仲間達
 
  13:00〜 ワッハッハで最後。暑い、熱いコンサート終了。
昼食は中華料理。美味しかったが量が多くてビックリ。値段も安くてビックリ。わっはっは。
夜はキリン、ワニ、などなど滅多に食べれないお肉をだすレストランへ。






03/04

  朝はランドフォンテーン(黒人居住区)の教会のミサに参列。会場からは自然に歌が沸き起こる。素敵なコーラスに感動。
午後はサファリへ
ライオン、チータ、サイ、ワイルド・ドッグなど自然の動物達を見ることができました。
夜はさよならパーティー。バーベキュー。そして歌や踊り。遅くまで盛り上がりました。






03/05   九重町樽太鼓のみなさんはケープタウンへ
他のメンバーは午前中ペップス・モトヨング小学校でワッハッハ!
ヨハネスブルグ空港から14:00の飛行機で帰国。







03/06   クアラルンプール経由で19:00時間どおり成田到着。
飛行機に乗っている時間が長かったので、忙しい旅でしたが参加した全員が満足。来年も行きたい!が感想でした。






 
 

 

 


南アフリカインタビュー

'98年から南アフリカの異人種の子ども達を同行して来日。地球ハーモニーコンサート・交流ツアーに参加してくださっているヘンリーさんにインタビューしました。


 
 


●パコ

将来、河野さんのような素晴らしいジャズピアニストになりたい。そして、キムさんのようなサックス奏者にもなりたい。


13歳、3回の来日、黒人

●ウイルキン・コーマネさん

私の時代には叶わなかったようなこと、より広い世界を見せてくれる機会、をパコのような若い世代に与えてくれて感謝しています。私は特に選ばれたわけではないが、南アフリカを代表してサポートをしてくれている河野さんに感謝します。


パコの母親のボーイフレンド、
黒人

●コリア

日本での暖かいもてなしのおかげで、ホームシックになることもなく楽しむことができました。将来はジャズ・シンガーになりたいです。


13歳、2000年来日、白人

●コリアのお父さん(白人)

日本人の暖かいもてなしを通して、コリア自身も楽しみ、親から見てもとても成長して南アに帰ってきました。次回もこのような機会があれば是非連れていって欲しいです

 
 

 





copyright:©2001 Kono Yasuhiro All rights reserved.  ▲サイトのトップページヘ  ▲このページのトップヘ