活動ご案内

エリトリア

河野康弘エリトリアの旅4月23日〜5月2日

エリトリアの旅その2へ

 
 
エリトリア日記

4/23

紅海に面した東アフリカのエリトリアへ出発。
12時成田空港ルフトハンザ航空のチェックインカウンターに山中さんが待っていてくださる。

山中さんは高知県吾北村に住んでいらっしゃる写真家。二年前にパレスチナへ同行してくださった。久しぶりの再会。
出国手続きをして空港内に入る。

 
 


ルフトハンザ715便フランクフルト行き出発。
12時間かかって日本時間24日夜中の2時40分、無事ドイツ・フランクフルト到着。

日本とは時差が7時間マイナス。よって、フランクフルトでは23日7時40分。
出国手続きはすごく簡単。
タクシーで今日のホテルへ。早めに寝る。






4/24

11時ホテルのリムジンバスで空港へ向う。

 
 

13:15、ルフトハンザ596便でアスマラへ向けて出発。

 
 

19:00、サウジアラビア・ジェダ空港到着。
時差フランクフルトより1時間プラス

 
 

20:10、ジェダ空港出発。

 
 

22:10、エリトリア・アスマラ空港到着。
小さな空港で歩いてターミナルへ行く。

真っ暗。
ターミナルの入り口に、かつ子さんが迎えに来てくださっている。ホッ。国連軍の兵士達が、ぞくぞくと入国して少し緊張感。かつ子さんと一緒に迎えに来てくださった大使館の方がビザの手続きその他を親切にしてくださる。とても優しそうな黒人のおじさん。かつ子さんが手配してくださったワゴン車でホテルへ。






4/25

8時半ホテルを出発。
最初に外務省へ。取材許可証を頂く。外務相のアリアムさんが対応してくださる。知的な女性。20年間戦争に参加しておられたそうだ。
外務相を出てERRECへ。ERRECはエリトリアの難民救済のための組織。 ピアノをERRECがマッサワ港から運んでくれて倉庫に保管してくださっている。

ここからトラックでピアノを寄贈先に届ける。皆さんでトラックにピアノを積み込み、最初の寄贈先メカネ・ハイワット病院へ。
2台目は孤児院オーファナイジ・センターへ。
3台をエリトリア・ミュージック・スクールへ。

 
 

午後3時から最初にピアノを運んだ病院でコンサート。近くの小学校からも沢山の子ども達がやってくる。
最後は「ワッハッハ」で子ども達がむらがってくる。
収集がつかない。わっはっは。

大人の方も参加。楽しいコンサートでした。汗びっしょり!
エリトリアでの一日目は充実していた。






4/26

7時ホテルを出発。アルバ難民キャンプへ。
アスマラ市街を通過してしばらくすると山々が見えてくる。
パレスチナを思い出す。
舗装のされていない道路を2時間ほど走るとアルバ難民キャンプに到着。
ここには約2万人の人たちが生活している。

パレスチナは50年前の難民。ここは最近の難民。
本当にテントで生活をしている。 でも子ども達は明るい。
エネルギーいっぱい。医療施設を見学。物資が不足している。
お医者さん、産婆さん、看護婦さん、救急車、足らないものがいっぱい。
でも赤ちゃんが元気に生まれる。神様に感謝!

学校訪問。テントで勉強。
11時アルバ難民キャンプを出発して舗装をしてない道路を走りコハイトへ。
コハイトはシバの女王の遺跡のあるところ。コハイトへ行く許可証を頂くのに途中の役所へ行く。
昼休み。2時まで約1時間待つ。のんびりアフリカ。
小鳥達も素敵な歌声を聞かせてくれる。
コハイトの遺跡の地域はとても素晴らしい景色。
自然は偉大。 絶壁から彼方の風景を眺める。
自然が一杯の地域。



そこに突然建設中のモスレムが。神は偉大?
もう4時。まだまだ見るところがあるが暗くなるのでアスマラへ向かう。






4/27

朝7時15分ホテルを出発。山中さん、かつ子さん、アリアンさん、ツガイさん、僕の5人のメンバー。毎日一緒。なんとなく家族。
アスマラ〜マッサワ道路を紅海方面に向かう。
アスマラは高度2100メートル。かなり高い。
日光の「いろは坂」のように曲がりくねった道を行く。
朝日が輝き、それは、それは素晴らしい景色。
1000メートルくらい降りたところの町に汽車のステーション
がある。のんびりとした良い町キンダで休憩。
1938年イタリア製の汽車が現役で走っている。
丁寧に整備をされた汽車は最高に素敵だ。
父が汽車会社にいた時の写真を思い出す。
駅のそばには水汲み場があり、子ども達が水汲みにきている。ロバやラクダが荷物を運ぶ。ゆっくり、ゆっくり。
ギンダを出発して11時ころマッサワ到着。
海岸に面したマッサワは、とても暑い!海岸沿いで海老の養殖をしているところを見学。
名前はシーウォーターファーム。環境の事も考えたすばらしいプロジェクト。
先進国の日本は環境は後回し?
その後日系のアメリカ人ゴードン佐藤さん宅へ。
海に面した、別荘のような家。昼食をご馳走になる。
ゴードンさんはマングローブを利用して環境保全、経済発展をめざすプロジェクトをなさっている。
研究所も見学。そしてマッサワ港見学。
港の近くでコーヒーをご馳走になる。
見ず知らずの女性が声をかけてくださったので、お言葉に甘える。
本格的なアラビック・コーヒーセレモニー。
時を忘れてしまったようだ。わっはっは。
気温が高いので昼寝をしている人が多い。
僕も簡易ベットをかりて横になってみる。
気持ちがいい。
昔母の田舎へ行った事を思いだす。
高知県の西の端、土佐清水市。
夏休みに帰ると、本当に暑かった。
でも、のんびり。海や川で遊んだ。
コーヒーをご馳走になってからマッサワを出発する前に、もういちど佐藤さん宅に挨拶に行く。
すぐに出発する予定が、ざるそば、冷奴をご馳走になる。
僕も生姜の皮むき、すりおろし、皿洗いのお手伝い。
わっはっは。
7時すぎマッサワを出発。
かつ子さんは用事があって途中でお別れ。
帰りは4人のメンバー。
帰りの車では英語のレッスン。
大変盛り上がる。僕が6年も学校で英語を習ったのに話しが出来ない事を伝えると大笑い。わっはっは。
日本の首相も英語が話せない、と言うと笑いは倍増。
笑っていられない、なさけない話し。
僕も英語くらいは話したいと思う。
10時過ぎアスマラのホテルに到着。長い一日も無事終了。感謝。






4/28

久しぶりに朝はゆっくりホテルで朝食。
10時半にホテルを出発。マイ・テメナイ病院へ行く。
ここは眼の専門病院。ロビーにピアノを運んでミニ・コンサート。
患者さん、お医者さん、看護婦さん。みんなでワッハッハ!
全員がピアノにさわってくださって嬉しかった。
終了後ピアノをトラックに積んで夜の会場シネマ・オデオンへ。
シネマ・オデオンには大きな看板。感激。

昼食は、かつ子さん宅でご馳走になる。
春巻き、お稲荷さん、お漬物、海老のチリソースに豆腐。美味しかった。
夕方5時。
いったんホテルに帰って夜の準備。
時間が無くなって来たので慌てる。
やはり日本人。わっはっは。
久しぶりにスーツを着てシネマ・オリオンへ。
6時過ぎシネマ・オリオン到着。6時から二階のホールでレセプション。
でも誰もいない。招待状が6時半になっていたそうだ。わっはっは。
6時半過ぎに少しづつ人があつまる。
アスマラ市長、イタリア大使、EU大使、イスラエル大使、などなど普段はお目にかかれないような方々が一杯。
かつ子さんもアメリカ大使婦人。
もちろんご主人のアメリカ大使ビルさんも出席。
かつ子さんが皆さんを紹介してくださる。
う〜ん。英語が聞き取れない、話せない。残念。
7時からのコンサートは大幅に遅れる。
アフリカン・タイム。わっはっは。
7時40分ころにコンサートが始まる。
コンサートでは自分の言葉でしゃべった方が良い、とかつ子さんに励まされて、ステージにあがる。
「大きな声でゆっくり話しなさい。」かつ子さんのアドバイス。
何処の国に行っても通訳をしていただいてステージに上がったが今回は初めて自分でしゃべった。
ドキドキ。わっはっは。
テレビ局も来て取材をしてくださる。
9時過ぎに無事コンサートが終了。
「スピーチもよかったよ」とかつ子さん他の皆さんが誉めてくださる。
社交辞令でも、なんか嬉しくなった。
やはり自分で話しをしよう。
終了後、会場を出てかつ子さん宅で打ち上げ。
マリアムさんの子どもさんユリちゃんも一緒。
とても可愛い女の子。

遅かったのでテーブルにもたれてお眠り。
ビルさん、かつ子さん、山中さん、さち子さん、マリアムさん、のり子さん、ツガイさん。
皆さんありがとうございました。




 
 


エリトリアの旅その2へ


copyright:©2001 Kono Yasuhiro All rights reserved.  ▲サイトのトップページヘ  ▲このページのトップヘ